ハイクロノート -雑記ブログ 30代夫婦の平屋の家づくりや生活のこと-

家づくりやペット、生活のことなどをつらつらを書いていくだけの雑記ブログです。

子どものときは台風が来るとワクワクしたものだ

こんにちは、grayblackです。

台風24号が日本に近づいてきていますね。僕が住んでいる県にも結構接近するみたい。接近というか下手したら直撃というか。でも、速度も遅いしどう進むか分かりにくい台風のようで。天気予報のアプリで台風情報はこまめにチェックしておきます。

f:id:grayblack:20180926160824j:plain

タイトルにもなっていますが、子どものときって台風が近づくとなぜかワクワクしましたよね。学校が休みになるし、非日常的な体験ができるからでしょうか。

平成3年 台風19号

子どものころの台風で今でも覚えているのは、平成3年9月27日に来た台風19号ですね。あれは本当に凄まじかったです。当時小学◯年生だったのですが、結構鮮明に記憶しています。

  • 裏の家の2階部分が完全に吹っ飛んでいた
  • 自分の家の2階の雨戸(木製)が他の家から飛んできた瓦でガラスもろとも突き破られていた
  • しばらく停電が続いた
  • 翌日の学校の授業はもちろん中止になったが、安否確認のため全員登校させられた
  • 教室はガラスまみれで足の踏み場がなく、体育館でクラスごとに集まって出席だけ取ってすぐ帰宅させられた
  • 自分の教室は被害がいちばんひどく、しばらくの間理科室が教室になった
  • 翌日だか翌々日だかの(地元の)新聞の一面に、自宅前の国道の写真が掲載されていた(たしか市内でいちばん被害が大きかった地区だったそうで)

 

上記のように翌日学校に行ったんですが、たしか、当時の担任の先生が、出席を取って帰るだけだとつまらないということで、「怖い話」をしてくれたような記憶があります。

だけどよく考えたら、停電していたのに学校に集まらないといけないってみんなどうやって分かったんだろうか。連絡網は機能していなかったはずなのに。その辺の記憶がちょっと曖昧ですね。

台風19号は全国各地で猛威をふるい、甚大な被害をもたらしました。青森県ではりんご畑が壊滅的なダメージを受けて「りんご台風」とも呼ばれましたね。

 

そして今週末 台風24号が…

いま接近してきている台風24号ですが、どうやら僕が住んでいる地域には9/30(日)に接近するようです。実はその日は妻と某アーティストのライブを観に行く日なんですが…もしかしたら中止になったりするかもしれませんね;; もしそうなっても安全第一ですから仕方ないですね。できれば予報が外れて大きく逸れてほしいけど…予報を見守ることにします。

 

台風は事前にしっかり備えができる災害

地震はいつ起こるか分かりませんが、台風は天気予報をチェックすれば自分の住んでいる地域に来そうかどうか分かる災害です。台風がすぐそこまで来ているのにわざわざ海に行ったりは普通はしませんよね。命知らずな人や、最近ではインスタ映えTwitterでバズるのを狙ってわざわざ出かける人ならいるかもしれませんが……。

危ないと思われる場所には行かない、前もってガラスや外壁の補強をするといった具体的な対策を事前に取れるのが台風です。昔はラジオを持って避難所に家族で避難していたこともありますが、現在であれば、スマートフォンが連絡手段としてだけではなく、情報の収集にも役立ちます。

 

こういうものを持っていても使う必要がなく過ごせるのが、
いちばん理想的なんでしょうけどね(´・ω・`)