開放感たっぷりのスキップフロア。メリットとデメリットを確認して検討を

家づくりのアイデア

平屋にしようか…それとも2階建てにしようか…と悩んでいる方。選択肢はその2つだけではありませんよ。

「スキップフロア」という言葉をご存知でしょうか?1階、2階とフロアをはっきり分けるのではなく、短い階段を使って中2階(1.5階)、中3階(2.5階)というように少しずつフロアを区切っていく方法で建てられた家のことです。もしかすると、このスキップフロアがあなたにとって最適な間取りになるかもしれません。この記事で、メリットやデメリット、実例をチェックしてみましょう。

スキップフロアとは?メリット・デメリットは?

この投稿をInstagramで見る

マイコ(@onnellinen_home)がシェアした投稿

一般的な間取りは、平面(横方向)に考え各部屋を廊下でつなぎドアや壁で仕切るのに対し、スキップフロアを取り入れた間取りは立体的(縦方向)に空間を活用するという特徴があります。

スキップフロアを採用すれば個性的な家ができますが、その分メリット・デメリットがそれぞれ多くあります。これらをよく把握したうえで、家づくりを検討する必要があります。

スキップフロアのメリット

  • 縦方向に空間を活用できるので、狭い土地でも開放感のある家が建てやすい
  • 壁やドアで空間が仕切られないので、家族間の距離が近くコミュニケーションが確保しやすい
  • 階段下を活用して収納スペースにできる
  • 傾斜地との相性がいい

スキップフロアは基本的に廊下を必要とせず、また縦方向に空間を活用でき狭い土地でも広い家が作りやすいというメリットがあります。また、吹き抜けとの相性がよく非常に開放感のある家になります。

この投稿をInstagramで見る

アイフルホーム長岡店/柏崎店(@eyefulhome_nagaoka)がシェアした投稿

スキップフロアを取り入れているお宅では、中2階を子どもの勉強スペースに、その下を天井の低い収納スペースにしている場合が多いです。また、先ほど挙げたメリットのとおり、やはり吹き抜けがある開放感いっぱいでとてもおしゃれな家ばかりですね。

スキップフロアのデメリット

  • フロアが仕切られていないので空調設備を適切に準備しなければならない
  • 家族間のプライバシーを重視したい人には向かない
  • 段差が多いため掃除や大きな家具の運び込みなどがしにくい
  • 段差が多いためバリアフリーではない(老後の問題)

メリットとデメリットは表裏一体です。スキップフロアの場合は空間が仕切られないことが多いため、部屋にこもって一人にしてほしいときなどに困るかもしれません。今はよくても、子どもが思春期になったときや自分たちが年を取って足腰が弱くなってきたときのことなどもイメージする必要があります。

スキップフロアを専門にしている工務店

この投稿をInstagramで見る

BinO播磨 株式会社 中塚組(@binonakatsuka)がシェアした投稿

スキップフロアで有名なのが「BinO(ビーノ)」という規格住宅です。全国にフランチャイズ展開していて、各都道府県に加盟店が点在しています(加盟店がない都道府県もあります)。InstagramではBinOの加盟店のアカウントも多数存在していて、施工例やモデルハウスも紹介されています。あなたが住んでいるエリアにもBinOの加盟店があれば、アカウントをフォローしてみたりモデルハウスに見学に行くといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました