ハイクロノート -雑記ブログ 30代夫婦の平屋の家づくりや生活のこと-

家づくりやペット、生活のことなどをつらつらを書いていくだけの雑記ブログです。

音楽と僕 1 ~好きなアーティストと音楽を聴いている環境~

こんんちは、grayblackです。

音楽と人は切っても切れない関係ですよね。日頃それほど音楽を聴かないという方でも、日常生活の中のどこかしらに音楽と関わっているはずです。

僕はというとちゃんと音楽を勉強したわけではないですが、少しだけ楽器を弾くのも好きですし、昔は曲を書いてギターを抱えて歌っていたこともあります。もちろん聴くのも好きですよ。

というわけで今日は音楽について少し書きたいと思います。

 

好きなアーティスト

最初にCDを買ったのが小学6年生のときだったと思いますが、音楽番組などはその前から好きで観ていた記憶があります。誰でもそうだと思いますが、好きなアーティストは年を取るに連れ変わってきます。

小学生~中学生のころはやはり小室ファミリーでしたね。trfやglobeなどはアルバムを集めていました。また、バンドも好きでSOPHIAやL'Arc~en~CielなどもCDを持っていました。というか、当時はとくにそれほど好きじゃないアーティストでもCDを持っていたような気がします^^;

中学の終わりごろにギターを買って音楽への視野が広がったというか、分岐点になります。このころから原田知世Bonnie Pinkなどを聴くようになります。

そして、30代半ばとなった今好きなアーティストはこんな感じです。

だいぶ偏っていると思いますが、たぶん好みが合う人は要るはずです(笑)。

ちなみに、妻とも好みが合うので聴く音楽で揉めたりすることはありません。というか、妻とはほぼいろんな趣味が合います、家づくりのときもたくさんのことを決めないといけなかったですが、かなりスムーズに進めることができました。

 

音楽を聴く環境

音楽を聴くのは最近はもっぱらiPhoneで音楽のストリーミングサービスSpotify(スポティファイ)で聴くのが多いですね。

自宅のリビング

自宅ではBluetoothのスピーカーに接続し、さながらカフェのような感じで垂れ流している状態です。上記のアーティストの曲ももちろんですが、Spotifyではいろんなプレイリストがあるので、そのときの雰囲気に合うプレイリストを適当に流していることもあります。

僕が使っているのは、ONKYOのLS-T10という「サウンドベースシステム」とかいうやつです。この上にテレビを置き、テレビとは光デジタルケーブルでつなぎます。テレビと接続する場合は、テレビが光デジタルケーブルに対応している必要があります。

これにBluetoothの機能もあるのでiPhoneと接続できるというわけです。ウーファーも内蔵されていたり、サウンドモードも3種類の中から選ぶことができたりで、部屋全体に音楽が広がる感じがあります。

※現在はメーカーの生産自体は終了していますが、まだ入手できるようです。

 

自宅の自分の部屋

自分の部屋というかゲーム部屋なんですが(笑)、ここではヘッドホンをよく使います。愛用しているのはゼンハイザーのHD598(通称プリン)。デザインも可愛いのですが、大事なのは音質の良さ。すべての音域がバランスよく聴こえ、僕の好きなアコースティックでゆるい感じのサウンドに合っていると思います。

※現在は後継機のHD599が発売されているようです。

 

通勤中・仕事中

通勤中と仕事中もSpotifyで音楽を聴いています。仕事中は本当は音楽を聴いてはいけないので、耳栓タイプのものを使ってこっそりと聴いてます(笑)。

正直メーカーの名前も聞いたことがなかったですが、値段とデザイン・携帯性に惹かれて購入しました。デザインはかなりシンプル・スタイリッシュで、ケース自体が充電器になっています。さらにこれを電源につなぎ、イヤホンとケースをダブルで充電するような感じですね。

肝心の音質ですが、値段のわりには良いと言っていいと思います。他のものと聴き比べたわけではないですが、何かの片手間に音楽を聴くには手軽なアイテムといえます。

1点だけ欠点があります。それは「たまに耳からポロsっと落ちてしまう」ということです。通勤中のバスで音楽を聴きながら眠ってしまうと、何かの拍子に落ちて紛失してしまう危険があるので、そこだけ注意ですかね(笑)。

 

まとめ

以上が、今の僕が好きなアーティストと音楽を聴いている環境のご紹介でした。好みが合う方がいらっしゃったら嬉しいです。