開放感のある勾配天井はシーリングファン必須?メリット・デメリット

家づくりのアイデア
完成見学会やモデルハウスなどに行くと多く見かけるのが屋根の形に沿って斜めになっている天井。「勾配天井」と呼ばれるこのような天井はなんだか開放感もあるしおしゃれにも見えますよね。でも、この勾配天井もやはりメリットとデメリットを合わせもった家づくりの重要な要素のひとつです。今回は勾配天井のメリット・デメリットと合わせ、実際に勾配天井が採用されているお宅をいくつかご紹介したいと思います。

勾配天井のメリットとデメリット(注意点)

勾配天井のメリット

さっそくですが勾配天井のメリットについて。

  • 天井が高くなるので開放感が出る
  • 天窓や高い位置に窓をつけて部屋を明るくしやすい
  • ロフトや吹き抜けとの相性がいい
  • 風通しがよくなる
何と言っても開放感、メリットの大部分はこれに尽きます。また、勾配天井にすると天井が高くなるため梁が見えるのが普通です。梁そのもののデザイン(色や形状)にこだわったり、梁に照明を取り付けたりして、おしゃれな空間を作ることができます。また、平屋でロフト部屋を作るときや吹き抜けリビングを作りたいときもこの勾配天井が採用されることが多いです。高いところに採光・採風のための窓をつければさらに快適な空間になります。

勾配天井のデメリット

いっぽう、デメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 梁の上や高い位置の窓、シーリングファンなどにホコリがたまる
  • 勾配天井専用の照明を選ぶ必要がある
  • 空間が広くなるので照明を選び方が難しい
  • 壁の面積が増えるので素材・手間が増えコストが上がる
  • 冷暖房の効率が落ちる

まず、手が届かない場所が増えるので、メンテナンスや掃除が大変になるという点に注意しなければいけません。

ママ
ママ

あの梁とかシーリングファンの上ってどうやって掃除するの?ホコリ落ちてこないの?

ということで、実は我が家では勾配天井を見送りました。家づくりの最初のころ、リビング天井を勾配天井にするよう提案されたのですが…。

また、同じ畳数でも高さが変わると部屋の容積が大きくなるため、エアコン代が増えることが考えられます。とくに暖房の場合、暖かい空気は上に行くのでいつまで経っても部屋が温まりません。このためシーリングファンが必要となる可能性があります。シーリングファンや照明器具は勾配天井に対応したものを選びましょう。

ハイクロ
ハイクロ

とくに照明器具は勾配天井専用のものとなると種類が限られてくるので、注意が必要です。

勾配天井の実例チェック

吹き抜けリビングで上のフロアとのコミュニケーションも取りやすく

この投稿をInstagramで見る

BinO×FREEQ×リライフホーム-株式会社リライフのはら(@relifehome)がシェアした投稿

吹き抜けによりリビングから上のフロアまで見渡せる開放感。梁にスポットライトがついているお家もよく見られます。

天井につけられた天窓で室内を明るく

この投稿をInstagramで見る

いえラボ/株式会社 三山建設(@ielabo_miyama)がシェアした投稿

勾配天井にすると天井部分に天窓をつけることも可能です。採光性が抜群で照明をつけなくても部屋の中が明るくなります。

暗い色の天井にしても部屋が狭く見えない

この投稿をInstagramで見る

あゆみ(家アカ🏠)(@tai0906aym)がシェアした投稿

一般的に天井の色を暗くすると部屋が狭く見えると言われていますが、勾配天井ならそもそも天井が高いので関係ありません。

勾配天井を採用するかどうかは慎重に検討しましょう

勾配天井は一長一短なので、可能であれば勾配天井を採用しているモデルハウスや完成見学会などに足を運び実際に体感するのをおすすめします。2階部分やロフトが、勾配天井のある部屋に面しているなら、そこに登って上からの眺めもチェック。梁や手の届かない窓、シーリングファンなどにホコリがたまるのを想像して、勾配天井を採用したいかどうか検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました